子宮頸がんの検査(細胞診)結果、HSILでした

141024-02.jpg

9月10日に豊島区の無料の子宮頸がん検診を受け、一ヶ月ほどたって10月17日に検査結果が自宅に郵送で届きました。
無料検診以外にも会社の健康診断や自分で通ってる産婦人科などもあわせて、なんだかんだで1年~1年半に1回はここ数年受けてる子宮頸がん、今まで一度も引っかかった事がないので、まあ今回も大丈夫だったんだろうなあと思いながら封筒をあけると、なんと「要精密検査」の文字が…!ひいい~!

という訳で、慌ててネットで色々調べてみたのですが(便利な世の中になりましたね…)、数年前までは6段階のクラス分けが主流だったそうですが(よく出て来るキーワードがⅢa、Ⅲbってやつね)最近はベセスダ分類というものが主流らしく、私はHSIL(高度病変の所見です)という結果でした。昔で言うところのⅢbにあたるのかな。
これは郵送で届いた結果には書いてなくて、自分でもう一度無料検診を受けた病院へ行き、先生からプリントを見せながら説明された内容です。無料検診、というのは細胞診というもので、これ以上もっと詳しく調べる精密検査を受けるには別の病院へ行かなくてはいけないので紹介状を書いて貰ってその日は終了。10月22日だったかな。

ベセスダ分類は下からNILM、ASC-US、LSIL、ASC-H、HSIL(私)、SCCの6段階で、少なくとも豊島区ではこの分類法を採用しており、ASC-USより上はみんな精密検査を受けて貰ってるから!と言われて、少しホッとしたような。結構、幅広いんですね、みたいな。
で、HSILは高度病変の所見です、と書かれていましたが、中等度異形成、高度異形成、上皮内がんが疑われますとの事。ハッキリ言えないけど、高度異形成の可能性が高いと言われてしまったので、これはもう精密検査を受けるしかありません。つー訳で来月行って参ります。最悪、上皮内がんが出たらどうしよー、手術だ手術。
精密検査というのはこの場合、コルポ診と組織診を差すのですが場合によってはHPV-DNA型判定検査(HPV遺伝子検査)なども組み合わせて、実際どの辺まで進んでいるのか、どんな様子なのかを検査する事です。というのも、細胞診だけだと無料検診=多くの人を対象にしている検診なので、うっかり誤診とかもあるそうですし詳しい事がこれ以上わからないからなのですね。

一年に1回ペースで受けてても、なるもんはなるんだなあ…というのが今回の正直な感想でした。しかし、これも検診を受けていたからこそわかった事であるのも事実です。まずは無料でも会社のでもいいので、健康診断受けてくださいね。

(参考)ベセスダ分類
http://www.kotoni-ladies.or.jp/exam/b05.html

精密検査受けるまで、しばらく出来る事ってなんにもないんで、免疫力をアップさせるために体にいい事、いい食材、いいサプリメントの事なんかを書いていこうと思います。

にほんブログ村 美容ブログ プチプラコスメ・チープコスメへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nalu3lin

管理人:nalu3lin
三十路突入の都内OLです。
海外・国内のチープな
コスメを使ってます。
free counters

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加中。
検索フォーム
リンク
おすすめアイテム


次のハワイ旅行の必需品


酵素洗顔大好き!


髪がサラサラに


新大久保でまとめ買い


飲むと翌日に出るよー


目元をグッと上向きにUP!


ガン予防に…免疫力UP


オイルはこれだけ


免疫力を高めたいなら


一番好きなスピルリナ


毎朝のスムージーに


チョコ代わりに


甘酒生活始めました