Bath & Body Works Hand Cream Merry Cookie

cookie-01.jpg

季節はすっかり夏ですが、ハンドクリームは1年中手放す事が出来ません。自宅ではそんなに気にならないんですけど、職場は夏になるとエアコンをガンガン入れるからなのか乾燥がすごーく気になるんです。
手持ちのハンドクリーム、最後の1本になりました。
Bath & Body Works Hand Cream Merry Cookie。クリスマスプロモーションのアイテムなので、去年(2016年)の1月のハワイ旅行時にはセールで確か半額になってたものです。2ドル50セント!

cookie-02.jpg

でもパッケージ可愛いし、クッキーの甘い香りがスイーツ系コスメって感じで日本にはなかなか無いので買っちゃった!ボディクリームで全身に塗ると甘ったるい感じになっちゃうと思いますけど、ハンドクリームならギリギリ許せるかなあというレベル。

cookie-03.jpg

ここのハンドクリームって基本どれも白いんですけど、香りはすごく強烈(笑)。でも塗ってしばらくすると、あんまり気にならなくなりますし、なによりベタつかないのが本当にいい。優秀。これまで、ハンドクリームって基本どれ使っても同じでしょ?って思ってたんですけど、Bath & Body Worksのハンドクリームに出会ってから本当に価値観変わった。ハワイで何本もストックをまとめ買いする程、使い続けてます(香りはいろいろ、浮気したけど)。あー、これ最後の1本!やっぱ来年はハワイ行くしかないかな?

Bath & Body Works
http://www.bathandbodyworks.com/home/index.jsp

にほんブログ村 美容ブログ プチプラコスメ・チープコスメへ


↑ロクシタンも人気高いけど私はダメだったんだよねえ。

SUNCUT(サンカット) ウルトラUV パーフェクトジェル

uv-001.jpg

今年用の日焼け止めを購入しました。去年購入したSKIN AQUA サラフィットUV さらさらエッセンスがまあまあ調子良かったので、今年もこれでいいかなあと思っていたのですがマツキヨでこんなに可愛い日焼け止めを発見したので思わず購入。期間限定かも知れませんが、ディズニーデザインになっているみたいでコレはアリエル版です。他にミニーちゃんとかもあったよ。
マツキヨ、安かったです。598円でした。

uv-002.jpg

こちらはシリーズの中でも最強のSPF50+、PA++++になります。が、ジェルなので滑らかに伸びますし、透明なので白残りせず使いやすかったですよ。たっぷり100g入りなので主にボディ用ですが、顔にも使えます。ウォータープルーフなので何度もつけ直す必要がなくってらくちん。重い感じもありませんでした。

uv-003.jpg

手に取ると白く見えるのですが、伸ばすとスーッと透明に広がりそのまま肌へ馴染んでいきます。

uv-004.jpg

石鹸で落とせるのも嬉しい。化粧前の下地としても使ってみましたが、変なモロモロも出ずいい感じです。個人的に、まず洗顔後に化粧水などでたっぷりと水分補給をしておくとお肌も荒れなくっていいかな、と思いました。

にほんブログ村 美容ブログ プチプラコスメ・チープコスメへ

ハトムギCRDエキス+舞茸エキス

hatomugi-01.jpg

日焼けが気になるシーズンにいよいよ突入しましたので、新しいサプリメントを投入…!
一正蒲鉾のハトムギCRDエキス+舞茸エキス(150粒入)です。1日5粒なので、だいたい1カ月分。ですが、1日5粒って結構キツイな~と思って、私は3粒くらいを目安に今飲んでいるところです。
ハトムギエキスは、お肌をツルツルに整えたり透明感をもたらせてくれたり、と人気の美容成分ですよね。私も夏場になると結構摂取しているような気がします。
舞茸エキスはなんで配合されてるんだろ?と思ったら、こっちはエイジング効果があるんだって。品質管理の行き届いた自社栽培センターで製造した舞茸から抽出しているそうです。舞茸、というかきのこと言えばダイエット向けというイメージが強いのですが、美容効果もあったんですねえ。

hatomugi-02.jpg

サプリメント1粒の大きさはこんな感じです。1日5粒で必要な摂取量をカバーできるそうなんですけど、飲みにくいから仕方ないです。今ちょうど1週間くらい経過したけど、まだ実感はないかな。ニキビがちょっと小さくなった気がします。
飲み切るまでに、何度かレポをしていきたいと思います。とりあえず今日は初回。

にほんブログ村 美容ブログ プチプラコスメ・チープコスメへ



いちまさファンサイト参加中

オーガニックキヌア&オーガニックキヌアパフ

kinua-01.jpg

オーガニックの認定を受けている(あれ?認証?)、キヌアとキヌアパフを入手しました。どちらもボリビア産との事です。色々試したのですが、実はいまだにキヌアとアマランサスの食感の違いがよくわかりません…一応、資格を持ってるクセに。食べ方はまあ似たようなものなので、どっちでもいいかなって気もするんですけど。

kinua-02.jpg

キヌアとキヌアパフの違いはこんな感じ。キヌアは10分前後コトコト煮込んで、気になるようだったら1回ザルにあげて水切りし、新しいお水で再度コトコト煮込んでお好みの硬さになるまでゆでるといいと思います。気にならない方はそのままスープにしたりリゾットにしても。私はズボラなので、そのまま煮込んでスープとかカレーとかにアレンジしちゃいます。
キヌアパフはまだ使った事ないんですけど、これは茹でたりしなくてもそのままトッピングの材料として使えるらしいので、すごく便利だなと思いました。

kinua-03.jpg

オーガニックキヌアを10分程茹でて水切り(湯切り)し、サラダに盛り付けたところです。私はなんちゃって、という具合にゆるゆるとスーパーフードを取り入れるタイプなのですが、本気の人はこれを主食のようにモリモリ食べるみたいです。

kinua-04.jpg

栄養価が高いので、お米などを食べる代わりにキヌアを主食にしてもいいと思います。アマランサスほどはプチプチ弾ける食感ではなかったけれど、結構お腹にたまったなあ、という感じ。

にほんブログ村 美容ブログ プチプラコスメ・チープコスメへ

【グロ注意】熊の油で低温やけどの跡はキレイになるのか?

120125-yakedo-01.jpg

記事を読み進めるにつれて、グロ画像が出て来るのでご注意下さい。2012年の冬、湯たんぽで低温やけどをしました。いつも厚手の靴下を履いて冬は寝ているのですが、寝ている間に湯たんぽの位置がズレてしまったのか、靴下でカバーしきれていなかった足首のちょっと上の部分に直接湯たんぽと肌が密着していたようで(熱いという意識はなかった)、知らない間に低温やけどの状態になっていたようです。写真は2012年1月25日のもの。

120125-yakedo-02.jpg

翌朝、ちょっと赤くなっているかな?と思ったくらいで痛くも痒くもなかったのでそのまま放置していたのですが、3~4日目頃になったらこんな風にパンパンに腫れた水ぶくれのようなものが出来てしまいました。つまり、やけどをしたのは1月20日頃の出来事で、実際に目に見えた症状として現れたのが25日頃という事です。触るのプニプニしていて中に水のようなものが入っている感じ。雑菌が入るので破るな、とネット検索をしたらそう出ていたので放置して様子を見る事に。

120201-yakedo-01.jpg

が、不注意でシャワー中にうっかり敗れてしまい、中の液体のようなものが全部出てしまって、なんつーか皮になりきれていない皮というか、肉?皮膚?が丸見え状態でめちゃくちゃ怖かった。深夜なのでどうしようもなく、とりあえず応急処置として手持ちの絆創膏を貼ったのですが、かさぶたになるかと思ってたけど悪化してしまいました。写真は2月1日撮影。

120207-yakedo-01.jpg

なんか膿みたいなものがドロドロ出て来るし、足がパンパンにむくんでしまって軽くショックを受ける。2月7日、記録として病院にて撮影した画像がこちら。足がずーん、とむくんでいるのわかります?これ先生によると、低温やけどで皮膚の下までジワジワと焼ける=壊死してしまった部分があったそうで、リンパなどがうまく循環できずたまっている状態だったそうです。

120207-yakedo-02.jpg

病院では、この黄色い膿のような部分を先生が針でちょいちょいつついて剥がす、という処置を毎日続けてました。そうすると、新しい皮膚がまた出来てくるから、綺麗になるまでそれを繰り返すんだって。しかし、これがめちゃくちゃ痛い…!剥がす事で周囲の肉が盛り上がり、新しい皮膚が生まれるんだそう。

120208-yakedo-01.jpg

2月9日の夜、自宅でガーゼを取り換えた時に撮影。私は素人判断で、乾燥させるとかさぶたが出来て、それが剥がれたら元通り、と勝手に思い込んでいたのですが、それは大きな間違いでした。破れてしまった水ぶくれのように、常にこの部分には潤いを持たせておかないといけなかったようで、なにやら薬をベターとたっぷり大量に塗った後、ガーゼで覆うというのをとにかく続けてました。乾燥させると先生にめっちゃ怒られたっけな。この頃のガーゼ代はとにかくすごかった。

120208-yakedo-02.jpg

痛みはそれほどなかったのですが、黄色い部分以外の肌のガサガサ具合も最悪だったなー。乾燥しまくってた。冬だし。
オススメは防水タイプの傷パッドです。

120210-yakedo-01.jpg

2月10日撮影。乾燥しているのでこの日も先生に怒られる。この後、2連休に入ってしまうので先生が湿ったガーゼをわざわざ出してくれて、「連休中はこれで手当てをしないさい。絶対に乾燥させないでね!」と念押しされる始末…。
この後、しばらく毎日病院に通っていたのですが、ある程度回復してきた頃、花粉症の患者さんが時期的に急増してしまい、待ち時間が長くなってしまったので、あとは自宅で自分で処置をするという事にして頂き、いったん通院しなくなりました。

120221-yakedo-01.jpg

久しぶりに2月21日頃に病院に行った時の撮影画像。順調に皮膚が死んでます。色も黄色から赤色に変わりました。
先生に1週間分のガーゼ貰って「来週まで来なくていいよ」宣言されたので、また自宅で自分で処置を続ける。また、先生から「皮膚を綺麗に元通りにするなら花粉症の人に出してるアレルギー対応?の飲み薬出すけど」と言われたのですが、花粉症じゃないのに薬は飲みたくないなあ、と思って遠慮してしまいました。粘膜とか皮膚の繋がりで同じ薬を出すのかな???

120224-yakedo-01.jpg

2月24日、今日の朝の風呂あがりにガーゼを取り替えた時の様子。
皮膚が死んでるせいか、なんか垢みたいな感じでボロボロ取れてきて怖い。

120229-yakedo-01.jpg

2月29日。画像はグロだけど、だいぶ調子が良くなって来たころの写真です。いらん皮とかが剥がれて来て、肉が盛り上がってきて傷を埋めようとしているのがなんとなくわかります。この後、病院へは一切行かないで自分でガーゼを取り換えてました。

120429-yakedo-01.jpg

だいぶすっ飛ばして、2012年4月29日。一応、完治。この後少しして塗り薬も飲み薬(花粉症のではないヤツ)もなくなり、自主的に貼っていたガーゼも必要ないほど皮膚がしっかりしてきたので「完治」という認識に至った次第です。大体、全治3カ月。
低温やけどの周囲だけ毛深いのは、この部分だけデリケートに扱う必要があったので剃刀とか怖くてあてられなかったからです。

yakedo-01.jpg

そして時は流れて、2017年5月22日。約5年ほど経過した、低温やけどの跡は現在こんな感じになっています。だいぶ薄くはなりましたが、なんかあったのね、ってのはわかる感じで跡は残ってます。これ顔とかだったら大問題なのですが、まあ足首ちょい上あたりだし別にいいかなあ、と思って自分としてはあまり気にせずここまで来てしまいましたが、あの時先生に言われた花粉症の薬とやらを飲んでいたら、これより薄くなったり元通りになってたんかな?と、たまーに考えます。
そうすれば良かった、という後悔ではなくって、実際どんだけ効果があったのかなあ?という素朴な疑問です。
(ちなみに、この低温やけどの跡は触ってもちっとも痛くない。ただ、皮膚の質感がなんとなく違う感じはある。薄いかな。)

yakedo-02.jpg

という訳で、前置きが大変長くなってしまったのですが、最近「熊の油がやけど跡に効くらしいよ」と聞いたので、ちょっと実験してみたいと思ってます。これから不定期でレポ記事をアップしていきますが、別に困ってないので効果がないならないでも構わないかなという感じ。何事も実験してみないとね。

にほんブログ村 美容ブログ プチプラコスメ・チープコスメへ


↑私は口にしていないが二日酔いにも効くらしいよ。本当なのかしら。
プロフィール

nalu3lin

管理人:nalu3lin
三十路突入の都内OLです。
海外・国内のチープな
コスメを使ってます。
free counters

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加中。
検索フォーム
リンク
おすすめアイテム


次のハワイ旅行の必需品


酵素洗顔大好き!


髪がサラサラに


新大久保でまとめ買い


飲むと翌日に出るよー


目元をグッと上向きにUP!


ガン予防に…免疫力UP


オイルはこれだけ


免疫力を高めたいなら


一番好きなスピルリナ


毎朝のスムージーに


チョコ代わりに


甘酒生活始めました